SiteMap

動物愛護と住居オーナーの新しい関係

ベランダ

先日引越しを考えている友人に聞いた話だ。近い将来、猫と暮らす計画をしており、ペット可の部屋をリサーチすべく、不動産業者のサイトを見ていると『ペット付きマンション』という見慣れない文字が。「ペット可」ではなく「ペット付き」?詳細を見てみると“動物愛護団体と住居オーナー、そして入居者が三位一体となって作り出す動物愛護の仕組み”だとか。確かに、残酷な現実だが毎年30万匹以上の犬猫が現在も殺処分され、この数は今後も増える一方だ。この現実をどうにか変えたいと始まった動きで、入所者にはその後のサポートもあり、一緒に暮らすペットも選ぶことができる。入居時にはペットを飼う資格があるかどうかの審査もあり、動物にとっても安心なシステムとなっている。もちろん、結婚や転勤等でその住居を去ることになっても、そのまま譲り受けることができるので「引越し=離れるのか」という不安もない。ただ、『ペット付き』という文字の気軽さに、ペットを飼ってみたいという安易な気持ちで入居する人も少なくは無いのではないかとも思う。「離れたくない」という気持ちはペットもきっと同じであれば、一度世話を始めたからには、やはり、その命が無くなるまで見届けてほしいものだ。

LIST